BanchoJapon発動記念企画は「番長の条件」です!(^^)!

ここでは、「BanchoJapon発動記念企画は「番長の条件」です!(^^)!」 に関する記事を紹介しています。
ドラマで“番長”と言えば、現代劇なら伝説のギャンブラーの愛と友情を描いたオールイン DVD-BOX 1オールイン DVD-BOX 2のキム・イナ(ビョン兄)ですし、時代劇ならブロガー間でも「気は優しくて力持ち」と評価が高い太王四神記のチュムチパク・ソンウンさん)が決定打でしょう

動画界の異種格闘サイト「BanchoJapon」

BanchoJapon発動記念!「あなたの考える番長的条件とは?」大募集!

太王四神記 DVD BOX I(ノーカット版)
太王四神記 DVD BOX I(ノーカット版)イ・ジア; ユン・テヨン; チェ・ミンス; パク・サンウォン, ペ・ヨンジュン; ムン・ソリ

おすすめ平均
stars素晴らしいのには訳が…。
starsホゲに魅力を感じます。
stars韓国ドラマデビューしました
stars想像以上?後半も期待!
starsDVDはまだガマン。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

  • 太王四神記 DVD BOX II(ノーカット版)

  • 昨年6月に京セラドームで開催された太王四神記 PREMIUM EVENT 2008 IN JAPAN-SPECIAL LIMITED EDITION- [DVD]にも参加したようですが他のメディアにも露出が多いペ・ヨンジュンさんやイ・フィリップさんはともかく一般庶民サイド代表であり、癒し系美女のタルビを演じていたシン・ウンジョンさんとのを前提のを告白していたという様子には興味があります

    太王四神記 公式メイキングBOOK Vol.3の巻末に掲載されていたオフショットで、パク・ソンウンさんがこまめにチェックしていたというお相手もシン・ウンジョンさんでしょうか

    俳優さん達の中での“リアル番長”と言えば、やっぱり美しい奥様には弱いという噂の火天ファチョン会大長老さま(チェ・ミンスさん)で決定ですかね

    にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

    ご協力いただけると幸いです


    Oisix(おいしっくす)のおためしセットが大人気
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    猫型人間さん おじゃまします

    なかなか情報が満載のブログですね。時々読ませていただいていましたが、今改めて、ビョンホンssiのファンだったと感動。

    28日は行かれますか?

    私も、リンクさせてくださいね。
    2009/02/11(水) 13:18 | URL | ナポリ #A2vPfXHs[ 編集]
    相互リンク、ありがとうございますv-411

    >なかなか情報が満載
    お恥ずかしいv-401
    一応e-337画面のサイドバー最上部にブログ内検索システムとアーカイブ用カレンダーe-67を設定してはありますが、たまに記事をe-303した本人が探せなくて焦ってしまうこともありますe-330
    >今改めて、ビョンホンssiのファンだったと感動
    去年の初夏からは太王四神記廃人になっているので、せっかくe-334ドラマ「アイリス」や映画「ストームシャドー」の情報が続々と入り始めても全くe-303しないどころか最近はJOFCにほとんどログインもしていないし、昨年の更新時期にはギリギリまで更新しようかどうかと躊躇った不埒物ですv-13
    28日もせっかくのチャンスですし行きたかったのはやまやまだったのですが、実家から急場しのぎに押しつけられたe-288e-337がいつ故障してもおかしくないので買い替え資金の目処が立つまで当分外出は自主規制状態になっていますv-406

    今年こそは「1月に1回は映画館で映画を観る」と「FCの掛け持ち入会をする(ビョン兄と誰とを掛け持ちしようとしているのかは、ご明察に一任しますv-290)」目標を実現できるように、まずは健康状態の改善からですe-271

    また、お立ち寄り下さいe-466
    2009/02/12(木) 07:32 | URL | 猫型人間 #3qKVsDjE[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://nekogataningen1.blog114.fc2.com/tb.php/720-7a00d756
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック