太王四神記第24話前編(最終回)「二千年の時を越えて」は、天(そら)と地の間(はざま)に

ここでは、「太王四神記第24話前編(最終回)「二千年の時を越えて」は、天(そら)と地の間(はざま)に」 に関する記事を紹介しています。
ようやくスジニを探し当てたタムドク

完全に神話時代のセオのような姿に変貌しているスジニの吹き替えは、女性として覚醒して行く心境の変化に従ってグラデーション式に…とまでは不可能でも、もう少し何か一工夫してもらいたかったデス
太王四神記 コンプリート DVD BOXの吹き替えは全体的にレベルが高いので、つい要求のハードルが貪欲になってしまうのはご容赦下さい


Book/ピアノで弾く 太王四神記: ピアノソロ

マジックアワーの船着場で「まだ」という意味の仮名をつけたアジクと逃亡生活中の馬車が立往生しているスジニの様子を見て、故障中の車輪を完全に破壊してしまうタムドクなんて思いっきりな
これがいわゆる「10回タックルして倒れない木はない(@冬のソナタ スタンダードBOX [DVD])」と表現される、韓国人気質でしょうか
完全に身動きが取れないようにすると「もし帰って来てくれないなら、私が追いかけるお前のそばが私の宮殿」と抱き締めて引き止めます
野島ドラマのメインテーマ青春の影 チューリップ 歌詞情報 - goo 音楽
じゃあるまいし相変わらず言ってくれます


「太王四神記」 TWSSG 24 episodes scene 1

スジニと再会したチュムチは、タルビとのを報告しかもタルビってば、いつの間にか2人目のも妊娠しているし
チュムチは白虎がインストールされた+タルビへのや父親の自覚で、以前にも増してパワーアップしたのでしょうか
韓ドラのお約束エスケープゾーン・和みキャラは、玄武の守り主ヒョンゴおじさんじゃなくて白虎の守り主チュムチだったんですね

「黒朱雀に化身したら躊躇しないで、一息に楽にして下さい」と頼むスジニに「天の指示に従うのではなくて、自分の意志で決める」と約束…あらまっこの辺りでは、私もかすかにタムドク視点になっていました
しかし、そんな静かな時間はつかの間アジクとの関係を質問されたスジニが「姉の子供」とお茶を濁し、タムドクも「深い事情はスジニが話したくなるまで待とう」と韓ドラお約束の悠長なことを言っている間にも、コムル村には大長老の魔の手が

ヒョンゴの留守を衝いて、兵を率いてコムル村にやって来た大長老
情報員の1人の肩にあらかじめ刻んでおいた火天ファチョン会の印に念力を送り、完全な操り人形状態にして動かします

神器保管庫のを開けさせると、警備担当の修行者達を皆殺しにして玄武と白虎を奪い去ります入れ替わりに村に着いた飴売りおじさん・ヒョンミョンは、生き残った仲間が誰1人いない惨状を見て号泣
お昼寝中だったアジクも、スジニがかつて部下だった兵士達と再会を懐かしんでいた一瞬の隙にさらわれてしまいます
嫌な予感がしたスジニが部屋に戻ると、アジクがいなくなっていることに気づき火天ファチョン会に連れて行かれたと泣いて訴えます
コ将軍がアジクの枕元に置かれていた、タムドク宛の手紙を発見
あんなに好きだったはずのを一切やめて、仲間達とも離れて1人で守り育てていた理由「アジク=タムドクの産んだのはスジニの姉キハ」と、隠していた真実をようやく説明するスジニ
コムル村の人達が皆殺しにされて、アジクが拉致されているのにスジニのことばかり心配しているタムドクって

会ったばかりのアジクをわが子だと説明されてもすぐには父親の実感がわかない気持ちは理解できるけど、もう最終回だっていうのに身もふたもなくはっきりと言わせていただければ相も変わらず、自分と息子が周囲にとってどういう立場なのかの自覚が薄いです
アジクの名前の「まだ」が、文字通り名は体を現しちゃいましたね

作戦会議の席上火天ファチョン会軍がじらされ切って、我慢できなくなるのを待つはずの作戦が急に変更になったことに驚く一同に「天の血を持った息子が拉致されたその心臓を使えば、天の力を放つことができる」と説明
場が静まり返る中、フッケ将軍とタルグ親子は相変わらずの意気軒昂頼もしいですね
私の個人的注目キャラ記録係くんも、満を持して久々に登場キタキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

『敵のホゲ軍は10万、我が軍は4万・半分弱ではあるだが、王軍の士気は高いこれは最終戦争チュシンの王が天の力を求めに行く聖なる戦い』
以下は中編・完結編へ続く

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ご協力いただけると幸いです


【TSUTAYA online】貯まる&使えるポイントサービス!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekogataningen1.blog114.fc2.com/tb.php/495-f7425446
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック