映画「無防備都市(2008年・日本未公開)」観ました!

ここでは、「映画「無防備都市(2008年・日本未公開)」観ました!」 に関する記事を紹介しています。
ドラマ夏の香り DVD-BOX 1夏の香り DVD-BOX 2や、映画私の頭の中の消しゴムでも演技力の確かさが認知されている清純派女優、ソン・イェジンさん
映画無防備都市(2008年・日本未公開)」で、新境地開拓として挑んだのはニュースでもたびたび問題になっているをメインステージに荒稼ぎを目論む企業型スリ集団の妖艶な女ボス、ペク・チャンミン

  • ファム・ファタール [DVD]


  • Soundtrack/ファム ファタール: 無防備都市

    映画無防備都市」情報(ワウ!コリア映画情報ページ)

    私が観たは、リンク先「Blog韓国映画の部屋」さんからしていただいた物です

    スリ集団の名前「三星派」の由来を「の企業集団の中で三星グループが一番業績がいいからどうせ目指すなら、同業者の中のトップを狙え」とペク・チャンミン自ら冒頭で説明していますが専務島耕作 全5巻 完結コミックセット(モーニングKC)で最先端の技術力を持つ企業・五洋電機にTOB(敵対的買収)を仕掛けて、初芝がホワイトナイトになるきっかけになったのもグループ内の実在企業がモデルかっと思われる会社でした
    バブル当時は億万長者ゲームのっとり大作戦「億万長者ゲーム」の如く企業を買いあさってダイ・ハードの悪役キャラに設定されるほどイケイケ(死語)だった企業が、今度は企業に買収されそうになるなんてと時代の変遷を痛感させられた「島耕作シリーズ」最新章

    私が見た限り、ニュースサイトにはカタカナ表記しか登場しなかったので(「ちびまる子ちゃん」口調で)「三星グループって、漢字ではこう書くのかぁ」とか「の人達って、つくづく楽屋オチが好きだねぇ~」と再認識したり「の一般市民からは、そういう目で見られているのね」といろいろな意味で笑ってしまうやら、感心してしまうやら
    (イケズなようですが、なぜ私が笑ってしまったのかは当ブログにアクセスして下さった方々へのお・た・の・し・みにしたいのであえてルビはふりません

    スリの仕事自体は「ブラックジャック」や「おみやさん」に登場する“必要な物だけの中から抜き取ると、すられた事にも気づかないうちに元に戻す”職人芸レベルを知っている目には「を切り裂いて中のを取り出し、犯行がわかってしまう」のは「甘いわね」という感じです
    どっちかと言えば、スリ組織同士のスリGメン刑事との人間ドラマや“タトゥー”のようなライトなレベルじゃないイレズミが施された「シャネルが似合う」との有名スタイリストさんも太鼓判を押したというソン・イェジンさんのNiceナイスなボディラインと華麗なファッションの数々を気構えずに楽しむ作品だと思います

    にほんブログ村 映画ブログへ

    ご協力いただけると幸いです


    リンクシェアのネットワークに参加する
    スポンサーサイト

    関連タグ : 映画, ドラマ, ソン・イェジン, 無防備都市, スリ, リンク先, 三星グループ, 組織, 刑事,

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://nekogataningen1.blog114.fc2.com/tb.php/466-0a347112
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック