「トンマッコルへようこそ(2005年)」

ここでは、「「トンマッコルへようこそ(2005年)」」 に関する記事を紹介しています。
の名前「トンマッコル」は“幼い子供のように純真な心”という意味
「ネバーエンディングストーリー」のファンタージェンのような場所でしょうか

ナウシカやトトロ、もののけ姫の棲家を意識したと思うようなの景色に癒され、やがて「人間らしく生きる姿の美しさ」が心の奥に深くしみ込んで行きます
今使っているテンプレートの模様のような、の景色にも癒されていただければ幸いです


Movie/トンマッコルへようこそ

  • 「トンマッコルへようこそ」オリジナル・サウンドトラック

  • トンマッコルへようこそ (角川文庫)


  • が支援しているの優勢が決定的になった朝鮮戦争末期、周囲から忘れ去られたような山の中のの上空を飛んでいた海軍兵が乗ったがコックピットの目の前に飛んで来たに驚いて墜落
    同じ頃南北の兵士達も偶然に迷い込んで来たことから、時間が止まっていたようなに異変が起こります

    突然まぎれ込んできての突きつけ合いを始めた兵士達の殺気立った様子をよそに「どこが攻めてきたそれとも」と、いくら外国の利権争いが介入しているからとは言っても、まさか同じ民族同士が戦っているなどという外の世界で起こっている現実を想像もできない村の老人達
    の中心の広場に住民を全員集合させても、広場を囲んでいるからおばあさんが「に行きたい」と出て来たり、手を上げたまま集められている人達も「いつまで手を上げてればいいのもう疲れた」と緊張感はゼロ
    打ち合いでの弾丸がなくなったので今度は固まった状態のまま手榴弾を構えても、怖くて安全装置のピンを引けない韓国軍の少年衛生兵

    ところが、の名物少女ヨイルが何も知らずに「素敵な」とピンを外してしまったことで、北朝鮮軍・韓国軍両方とも一気に緊張
    投げつけた手榴弾がピクリともしないので「不発弾か」と後ろ手で納屋に投げ込んだ途端…爆発納屋は全焼ドリフのステージコントのようです
    幸い死傷者は出なかったけれど、冬を過ごす食料としてストックしてあったトウモロコシを全部ポップコーンにしてしまったのでとりあえず南北関係なしにお詫びとして、畑でジャガイモ堀りのお手伝いをすることに

    シン・ハギュンさんはやっぱり軍服を着てなんか構えているよりも、韓服(伝統的な民族服)を着て陽だまりの中で畑仕事をしている方がずっとお似合いです
    だけど、そんな彼ピョ・チョンチョルは敵の進軍を防ぐために大勢の民間人が逃げている最中の橋を爆破しなきゃいけなかった時の幻影や心の傷に今でも苦しんでいて、北の兵士はもちろん人達にもなかなか心を開くことができません
    民間人が逃げている最中の橋の爆破を命令されて銃殺刑覚悟で「できません」と答えた時の回想シーンの光もほとんどない暗いモノトーンの画面が、キラキラした陽射しの中で四季折々の色が鮮やかなトンマッコルと対照的な印象がすごく記憶に残っています
    北の隊長リ・スファは自分の統率力のなさに悩み、長さんに「どうして何も命令しないのに、みんなが従うのですか」と訪ねますいい質問ですね
    長さんは「みんなにお腹いっぱい食べさせることそれだけで充分」と答えます
    確かに村長さんの言葉は正解なのですが、ここに「自分さえよければ」という独占欲とか「お腹いっぱい食べさせることと引き換えに」といった利害関係なんかのよこしまな心が少しでも入った途端、全く違った結果になってしまうんですよね

    アメリカ兵のスミスは言葉が通じないことから「ハウ・ドゥ・ユ・ドゥー」と話しかけられても最初のうちは全くコミュニケーションが成立しなかったのですが、次第に「“ス・ミス”なんて、おかしな名前」とか「面白いの色」とすっかり子供達のアイドルに
    木の葉を束にして作ったボールでを教えたり、自分より前に墜落したの中からを見つけると、村中の風景を撮影します
    しかし、スミスが墜落地点で拉致されていると思い込んだの軍は「スミスの救出はもちろんだが、食料や兵器の補給部隊を絶たれてしまう何としても占拠しなくては」という作戦を立ててしまいます
    実はスミスの救出は、村を攻撃することを正当化するための口実・方便に過ぎないんですね

    豊作を祝う灯篭を奉納し、収穫祭を開く村人達「米軍キャンプの支配人になって、女の子にモテたい」と言い、リクエストされた夢と希望が詰まった歌詞のブギウギを歌う衛生兵の少年
    騒ぎの輪からそっと外れ「収穫祭が終わったら出て行こう」と提案し合う、リ・スファとピョ・チョンチョル
    リ・スファは「お前はリーダーシップもあるし、韓国軍に戻ればいいじゃないか俺は納屋を修理してからにする」と勧めますが、ピョ・チョンチョルは「俺は命令に背いて脱走してきた見つかり次第処刑される」と話していた時、トンマッコルにパラシュート部隊が突入してきます

    村の平和の象徴だった少女ヨイルが、死の意味も理解できないまま殺され兵士達は村を守るための作戦に命をかける決心をします
    村を去って行く兵士達におばあさんが「出て行くなら、寂しくなるから来なければよかったのに納屋も壊しちゃうし」とボヤきますスミスや兵士達が来たことが原因で、ヨイルが殺されたことを一言も責めないんですね
    村外れまで来ると「村を攻撃しないように、米軍を説得しに行って下さい」とせめてスミスだけでも助かるように考えて作戦本部へ向かわせるスファとチョンチョル達
    「俺達は村を守る南北連合軍だ」と言いながら、チョンチョルの指揮でマシンガンと高射砲・最後の手段としてのを雪の中に仕掛けます
    山のシルエットを照らし出す爆撃の光を見つめるトンマッコルの人達と、自分の説得が間に合わなかったことに打ちひしがれるスミス
    結局村とスミスだけが助かったことをほのめかすエンディングだったけれど、生き残った人達の方がずっと辛い思いを抱え続けていたんじゃないかと思います

    トンマッコルを守るために力を合わせた男達が自分の持つ力を出し尽くしたような表情で死んでいった後、雪に覆われた地表から達がまるで兵士達の魂を天国へ運ぶかのように飛び立つ映像と、衛生兵の少年が収穫祭で歌っていたのと同じブギウギを、米軍機を撃墜する作戦の前に北の兵士に頼まれて歌う場面が一番悲しかったです

    にほんブログ村 映画ブログへ

    ご協力いただけると幸いです


    韓国アジアホームページ
    スポンサーサイト

    関連タグ : トンマッコル, 人間, 朝鮮戦争, , 民族, 南北兵士, ,

    コメント
    この記事へのコメント
    こんばんは。
    トンマッコルは家族で映画館で観ました。不思議な魅力を持った映画でした。ヨイルが死んだときにはうっそーと思って、この後に絶対生き返ると思っていたらそうならなかったのを思い出しました。
    ソウルを旅行していたときにこのポスターをあちこちで見たのを覚えています。ヒットしていたんですよね。
    2008/07/15(火) 20:39 | URL | stanaka #j6Tq.Odo[ 編集]
    コメントありがとうございます。

    >家族で映画館で
    音楽や映像がきれいな映画なので、劇場で存分に鑑賞できたのは幸いでしたv-410
    >ヨイルが死んだときには
    v-496v-497なら、生き返りますよねv-292
    v-505の映画やドラマは太王四神記もそうですけど「こんな死に方でいいのかーv-406」と思うくらいやりきれない理由で、人が死んで行くことに今でも慣れることができませんv-13
    私は兵士達が村の縁側で互い違いに折り重なってv-395e-261していた時「生きて帰って来たんだv-411v-437」と思いましたが、ヨイルが登場して髪にお花を飾ったので兵士達が死ぬ間際の夢だったんだと思い知らされてまたv-406でしたv-393
    >ソウルを旅行していたとき
    ホームページの告知にありましたが、公開1週間で200万人・最終的には800万人を動員したそうですv-405(下記)
    http://www.wowkorea.jp/profile/300104.html

    元々は舞台演劇だったようですv-403
    私は今井雅之さんの「ウィンズ・オブ・ゴッド」を思い出しますv-391
    2008/07/15(火) 22:01 | URL | 猫型人間 #3qKVsDjE[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://nekogataningen1.blog114.fc2.com/tb.php/443-fb5e7c65
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
    「トンマッコルへようこそ」オリジナル・サウンドトラックファンタジーとリアルが入り混じるフシギな映画でした。 久石譲さんの音楽なので、幻想的なシーンはどこかしらジブリっぽい感じがしてほのぼのするんだけど、そういうシーンがあるだけに戦争のむごさも強調されて...
    2008/08/02(土) | 雲のゆくえ