5/27のハングル講座は、授業も太王四神記もひたすら自己紹介!

ここでは、「5/27のハングル講座は、授業も太王四神記もひたすら自己紹介!」 に関する記事を紹介しています。
今学期のインストラクターのリーダー格・ヒョンギさん、毎回「ヒョン様と呼んで下さい」という前フリですが「無理な恋愛」と放送曜日が同じせいなのか、私には何をどう見ても律子(鈴木砂羽さん)の恋人で気が小さく間の悪い再現ドラマの監督さんにしか見えません

NHK テレビでハングル講座 2008年 06月号 [雑誌]NHK テレビでハングル講座 2008年 06月号 [雑誌]

by G-Tools

今回はオリジナルドラマやクレイアニメといった娯楽性は全くなしですね。
生徒役のノーマちゃんがおもいっきりなまっている以外は、いろいろな意味で「みなさまのNHK」らしい感じの構成です。もしかしてルネッサ~ンス(@髭男爵)
今学期は自己紹介がずっと続くようです
同姓同名大国(「オールイン」のチョンエ役の女優さんとチソンさんの役名・映画「夏物語」の主人公と、ドラマ「ごめん、愛してる」の主人公のお姉さんの役名etc)で縦社会のでは、他の作品でもたびたび登場しますが“どこの何者なのか”が以上に重要らしい
太王四神記」セリフコーナーは、ついに宿命のライバル・タムドクヨン・ホゲがガチンコ対決
お互いに大義名分と名乗りをあげる様子は、武士道や騎士道の一騎打ちに通じる物を感じます
ユン・テヨンさん、プライベートでは自分の結婚式当日に話し込むあまり開始時間をオーバーしてしまうほどペ・ヨンジュンさんと仲良しらしいのに地上波放送でこんな回が続く時期の来日に内心ヒヤヒヤだろうといつも余計な心配をしてしまいます

「英語でしゃべらナイト」のような出張講座のステージは、太王四神記でのメッカ高麗こま神社(埼玉県)

高麗神社公式ホームページ
神社に公式ホームページ・しかも楽天バナーが表示されているとは、眼鏡市場のCMの構成以上に「いいのかい」です

古代朝鮮半島の人達が亡命して来たのは、奈良県だけじゃなかったんですね
ラストにイ・ユニ先生が「間違いを恐れずにどんどん話すべき」と言っていましたが、文法メイン傾向の今学期でも個人的な考え方は違うという自己主張

にほんブログ村 テレビブログへ

ご協力いただけると幸いです

スポンサーサイト

関連タグ : 今学期, ドラマ, 太王四神記, 文法,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekogataningen1.blog114.fc2.com/tb.php/402-e37b73ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック