ハングル講座第6課の太王四神記は、今を生きる覚悟のセリフ

ここでは、「ハングル講座第6課の太王四神記は、今を生きる覚悟のセリフ」 に関する記事を紹介しています。
第6話「太王四神記」タムドクのセリフは皇太子の座をヨン・ホゲに譲ると言ったタムドクが、軽率な発言をなじる父親のヤン王に「人生の1日だけでも愛する人と共に歩む選択をしたい」と宣言するセリフ
タムドクなりに骨肉が争う負のスパイラルを断ち切りたいと考えて出した答えなんでしょうけど…今のヤングタムドクには“綸言汗のごとし”発言や行動に立場や責任を自覚しろという感じはありませんね
「愛する人=キハ」で、母親との縁が薄い(2話以降は話題にも出て来なかった)タムドクがキハに母性を求めていることが推察される、涙を誘う場面です

NHK テレビでハングル講座 2008年 05月号 [雑誌]NHK テレビでハングル講座 2008年 05月号 [雑誌]

by G-Tools

結果的には、それぞれの初志と全く裏腹な方向に進んじゃうのですが

にほんブログ村 テレビブログへ

ご協力いただけると幸いです

スポンサーサイト

関連タグ : ハングル講座, 太王四神記,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekogataningen1.blog114.fc2.com/tb.php/372-359ee3ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック