オ・ヘソンの勇姿、私が生きている間に見られるでしょうか(ーー;)?

ここでは、「オ・ヘソンの勇姿、私が生きている間に見られるでしょうか(ーー;)?」 に関する記事を紹介しています。
現在CSフジで放送中らしいスポ根ドラマ「ストライク・ラブ」


Tv Soundtrack/ストライク ラブ

私の視聴環境ではCSどころかBSフジも見られないので、あくまでネットサーフィンで得た聞きかじり(読みかじり)な知識ですが
サリャンマニア・ミンフルエンザと称されているパク・ソンミンさんな方々視点から見ると、ユン・テヨンさん演じるハングリー系ピッチャーのオ・ヘソンは「平穏で豊かな幸福のままエリートバッターマ・ドンタクと生涯のが約束されていたはずだった、オムジやの中にいつも突然割り込んで来て、関係を引っかき回す乱入者」と感じてしまうのでしょうね


STRIKE LOVE(4分映像) JAPANESE 字幕( KOREA BASEBALL 2009 외인구단 )

における現在のマ・ドンタクの位置づけはメガネをかけているせいなのか「マスオさん状態」と表現なさっているブロガーさんもいますが秋の童話 ~オータム・イン・マイ・ハート~ DVD-BOXで、ウォンビン君が演じたテソクに共通する感じを受けます

でもですね
浅田次郎さんの小説王妃の館(下)の中で、最愛の人に対して何一つできない自らの無力を嘆く人物が血を吐くような心情を訴える文言を一部引用・アレンジさせていただいて表現すると
オ・ヘソンにとっては“幸福の欠片かけら一つすらもしてくれなかったどころか大切なものを奪い続けられ、試練しかなかった人生世間もも何一つ信じられなかった中で、運命に導かれたかのように突然現れたオムジを愛することだけが唯一つ与えられたで生きる理由であり、かけがえのない希望人を愛することを許されないことは、命を失うよりも辛いこと”
ピッチャーにとっての命・徒手空拳の彼にとっては唯一無二の財産と言ってもいい腕が死んだも同然になることも顧みなかったほどの、大切な愛


2009외인구단 티져-시즌2-ストライク・ラブ(TEASER SEASON-II、初公開)-STRIKELOVE

シーンのバックに流れている劇伴もちろん韓国語なので意味は違うと思いますが、私には「何が、聞こえているんだろう」と、オムジの愛を求めてやまないオ・ヘソンの心の叫びに聞こえてしまいます
半ば頃にたらこちゃん過剰摂取注意報な場面があるので、クリック前には気持ちの準備を4649ヨロシク

マ・ドンタクには、敏腕マネージャーでもあるオーナー一族の令嬢・ミソンが華麗なる未来予想図までプレゼンしてなんだし、せめて…とも思ってしまいますが「全ての運に見放された」という位置づけのオ・ヘソンに、神はどこまでの試練を与えるのでしょう
微妙にアウトな年齢で彼のことをオッパとは呼べない女子ヨジャとしては韓ドラのお約束ヒロイン“ぶれ”キャラのオムジよりも、若さ故の怖いもの知らずのせいそれとも仕事で自己を確立しているからなのか、可憐でしかもオ・ヘソンへの一途な想いを「王子様(演じ手さんは実際には本当になお育ちなので、それを思い出すと少しでした)が助けてくれた」と一目でになった初対面から揺らぐ様子を微塵も見せない妹ヒョンジを推奨したいとヤキモキしてしまいますが
一度になった男性が、ぶれたり日和ったりする方向性には絶対にできないのが「韓ドラの掟」ですからね

実際に本編を視聴した訳でもないのに否!視聴できないだけに、余計気になってしまいます
私が生きている間に、見られる日は来るのでしょうか

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ご協力いただけると幸いです




カウンター


【無料!FC2カウンターに登録しよう!】

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekogataningen1.blog114.fc2.com/tb.php/1286-6d73507f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック