韓国版「金八シリーズ」?新人俳優登竜門の学園ドラマ

ここでは、「韓国版「金八シリーズ」?新人俳優登竜門の学園ドラマ」 に関する記事を紹介しています。
浮き沈みの激しい芸能界でプライベートはともかく現在でも第一線でバリバリ活躍中の杉田かおるさん三原順子(現:じゅん子)さん・最近では上戸彩さんと出演したアイドル達がその後大ブレイクすることでも有名なTBSの長期シリーズドラマ「3年B組金八先生」シリーズがまた始まりましたがにも出演した多くの女優・俳優さん達をスターにしたという「学校」という4編構成のドラマシリーズがあるようです

「出演したら全員スター?!」ドラマ『学校』出身の俳優は?(ワウ!コリア・2007年10月7日16時56分18秒入力記事)
シリーズのうち、一番先輩は映画「英語完全征服」「僕の彼女を紹介します」チャン・ヒョクさん合作で製作された“空手バカ一代”極真きょくしん空手の故・大山倍達おおやまますたつさんの伝記映画「風のファイター」ヤン・ドングンさん
第2シリーズからはドラマ「チェオクの剣(原題:茶母タモ)」でも一躍全国ネットで認知され、引き続き高視聴率時代劇黄真伊ファン・ジニの放送も予定されているハ・ジウォンさん映画「夏物語(原題:その年の夏)」スエさん・同棲コメディドラマ「屋根部屋のネコ」キム・レウォンさんペ・ヨンジュンさんの後輩でもあり、ドラマ「ガラスの華」では「百獣戦隊ガオレンジャー」の“ガオレッド”金子昇さんと共演しているシム・ジホさんなどシリーズ最多数のスターを輩出。
第3シリーズ輩出の代表選手は、ドラマ「バリでの出来事」でハ・ジウォンさんと共演しているチョ・インソンさん
(ハ・ジウォンさん出演作品は「チェオクの剣」に「バリでの出来事」と“廃人”と呼ばれるファンを続出させるような、社会現象になることが多いようなのでしてしまいます)
ラストの「学校4」の代表は映画「Sad Movie<サッド・ムービー>」ドラマ「ごめん、愛してる」イム・スジョンさん(私が知らない方は、一部省略させていただきました
スエさんは当初あまり出番が多い役ではなかったようですが、ネティズン(ユーザー)の関心を集めたことから人気のヒートアップが始まったそうです
ネット大国のでは、どうやら業界側からAKBアキバ48”みたいな仕掛け方をしないでも火がついていくようですね

木村拓哉さんもブレイク前には柴門ふみさん原作のキャンパスドラマ「あすなろ白書」に出演していたし、スンドン会長@オールインがローズ色のジャージ姿で活躍していた「虎(ホランイ)先生」という学校ドラマからも多くの子役スター誕生したらしいようにを問わずスター誕生学校(またはキャンパス)ドラマがを握っているのは同じ現象ですね
これからもどんな新人スターの学園ドラマから誕生するのか、今から楽しみです

にほんブログ村 芸能ブログ 韓国芸能人・タレントへパワーブログランキング

ご協力いただけると幸いです
スポンサーサイト

関連タグ : シリーズ, 学校, スター, 誕生,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nekogataningen1.blog114.fc2.com/tb.php/11-deffe8d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック