イ・ビョンホンさん情報をメインに(最近は他の人達(爆)にも萌えてます(^^ゞ)韓国エンタメを語るブログです。テイストは韓国料理の如く辛口気味で行くつもりです。
◎ TOPフリーエリア

Honya Club.com


Honya Club.com

■この部分に好きな内容を記入してください

■フリースペースの説明
 ※このフリースペースは、エントリー記事部分以外に表示されます。
 ※広告を掲載したりブログの紹介など、ご自由にどうぞ!
 ※すべてのページに表示させたい場合には、
  <!--not_permanent_area-->~<!--/not_permanent_area--> の部分を削除して下さい。

今回の記事は、何だか東スポ見出しのようなタイトルになってしまいましたね

ドラマストライク・ラブ」続報ですが、いつもは主役の“カササギ”オ・ヘソン視点に著しく偏向しているので今回は男性ユーザー向けサービス企画として美人のヒロイン、オムジ役のキム・ミンジョンさんメインに留意して情報をしてみました


외인구단 김민정 인형포스 2009 STRIKE LOVE TEAM ArirangTV
You Tubeさん提供の動画です

【フォト】キム・ミンジョン「撮影頑張ってます」(朝鮮日報|エンタメコリア・2009年5月23日14時8分56秒入力記事)

上記記事・追記部分にした記事は両方とも5/23に入力されているので、興味をお持ちの方で朝鮮日報|エンタメコリアさんの有料をお持ちでない方には一時も早い閲覧をお勧めします

5/29追記;You Tubeさんに動画がされていたので、追記部分に貼りつけました
[【緊急公開】閲覧タイムリミット迫る!リアル「恋の罠」発動かっ?!]の続きを読む
スポンサーサイト

関連タグ : 東スポ, オムジ, ヘソン, 見出し, 子役, ベテラン, ストライク・ラブ, ストーリー, ドラマ, 笑顔のストーカー,

版のテンプレート、最近真夏日が続いているので例年通りドラマHappy Together ハッピー・トゥギャザー プレミアムDVD-BOXの中や、カジュアルモードでビョン兄が愛用しているのような模様に変更…と思いきや
「ストライク・ラブ」の“カササギ”オ・ヘソンも、オムジとのツーショット場面で同じようなシャツを着ていたような気が

ストライク・ラブGoogleブログ(日本語表示あり)

テプン兄は万年二軍キャッチャーオ・ヘソンは肩を壊してピッチャーからサウスポーのキャッチャー転向するらしい設定
どうやら私は自分が身も心も頼りないしワガママ者な性格なので、恥ずかしながら包容力のあるキャッチャータイプの男性に無意識のうちに惹かれてしまうようでごじゃいます

ブログランキング・にほんブログ村へ

ご協力いただけると幸いです


DVDを買うなら TSUTAYA online

関連タグ : 真夏日, カジュアルモード, キャッチャー, ピッチャー, オ・ヘソン, 包容力, 模様, テプン, 二軍, 転向,

5/2から本国での放送が始まったという、話題のドラマ「ストライク・ラブ」

今週で4週間目(のドラマ放送は週2回・連日放送システムなので全20話の「ストライク・ラブ」はそろそろ地点)のようですが、放送開始前の期待以上にかなり好調なスタートを切ったご様子ですね
毎日のように情報がされるので、記事公開が追いつけないという嬉しい悲鳴連発モードの日々を送っています

Yahoo!ブログ ストライクラブ(原題:2009外人球団)
『ストライク・ラブ』、週末の深夜ドラマの火付け役 (innolife.net・2009年5月4日(月曜日) 0時3分入力記事 )入力記事 )
『ストライク・ラブ』カササギとオムジのラブストーリー(innolife.netTV・2009年4月29日入力
メインテーマがというだけでも私の血がメラメラと騒いでしまいますがプラスアルファとしてWダブル主演のお一方は、昨年春に太王四神記 DVD BOX I(ノーカット版)太王四神記 DVD BOX II(ノーカット版)地上波放送が始まって早々私の神秘十字線@島田秀平の手相はなんでも知ってそう 芸能人手相名鑑発動させて、ファヌン神の天弓パワー以上の勢いで私のに飛び込んで来たユン・テヨンさん

左手の手のひら 右手の手のひら
参考資料写真で撮影した、私の両手の手のひらの写真
中指下部の線の延長線上にある十字架型の線が右手の手のひらにもうっすらと見えますが、左手の手のひら中央近くによりわかりやすい形でくっきりと出ている十字架型の線が手相占いで言う“スピリチュアラーのマストアイテム・神秘十字線”だそうです
「おれおれ詐欺」や「振り込め詐欺」のニュースが毎日のように世間を賑わしている物騒な今の世の中でも、私が今日まで全くと言っていいほど無風状態の人生を生きて来られたのはでいう「神の見えざる手」神秘十字線に守られていたからということになるのでしょう

ユン・テヨンさんのプロフィール(innolife.net)

上記データには「ストライク・ラブ」の記事データ一覧されています
記事の中の“情熱一つで芸能界に駆け込んだ「素足」の男”という表現でいう徒手空拳とか裸一貫といったニュアンスだとは思いますが、メジャー俳優の仲間入りのきっかけになったというドラマ「ワンチョ」の役名「メンバル(=裸足)」とかけているのでしょうか(ちなみに穏健派の方のブログにされていたデータによると報道の時も、新聞には「メンバル結婚する!」と書かれたそうですつかみは座布団1枚
私達が今でもペ・ヨンジュンさんを“ミニョンさん”パク・ヨンハさんを“サンヒョク”リュ・シウォンさんを“ソンジェ”と呼んでいるのに近い雰囲気を感じます

ドラマ「ワンチョ」の作品情報(ワウ!コリアドラマ情報ページより)

主演はでも人気傾向のチャ・インピョさんとソン・ユナさんなのに、何故か韓国版のは勿論エンタメネット配信ページにも一切なし
実録作品が封印される場合大体の理由は「遺族の反対」のことが多いようですが、それなら同じチャ・インピョさんご出演のドラマ「英雄時代」の方が要注意作品だとシロウト目にも思われるのに何故と、未だに不可解さは払拭できません

英雄時代 DVD-BOX 1
英雄時代 DVD-BOX 1ソ・ウォンヨン パク・ホンギュン キム・ジンミン

おすすめ平均
stars試練と栄光の大韓民国経済史

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

  • 英雄時代 DVD-BOX 2

  • 英雄時代 DVD-BOX 3

  • 英雄時代 DVD-BOX 4

  • 英雄時代 DVD-BOX 5

  • 後半部からは、イ・ミョンバク現大統領のモデルと思われる人物も登場しているという実録ドラマの日本版

    それはともかく「ストライク・ラブ」は本編撮影・プロモーション共に順調なご様子プロ野球グラウンドに鷲は舞い降りた (ハヤカワ文庫NV)ならぬ“カササギ”オ・ヘソンが降臨
    『ストライク・ラブ』のユン・テヨン、プロ野球の始球者に(innolife.net・2009年4月24日(金) 10時57分入力記事)
    『ストライク・ラブ』ユン・テヨン、始球式に続き野球解説者に(innolife.net・2009年4月30日(木) 0時6分入力記事)
    始球式の結果、すごく気になっていましたが予想以上のGJいいおしごとだったようです解説は…かなり緻密こまかな所まで言及しそう(失敬
    絶対に(お徳用ボックス) オロナミンCドリンク 120ml×50本“元気ハツラツぅ”のお嬢さんより、10000倍は適任者ですよっ比較すること自体、オ・ヘソンに失礼でしたねミアンハムニダ
    も~ね…どこの誰がなんと言おうが炎上サイバーテロを仕掛けてこようが、かかって来い断言したいです
    どうせならドラマ本編放送に先駆けてマ・ドンタク(パク・ソンミンさん)との形式にすれば、プロモーションとして最高の場面になったとは思いますが、やはりドラマの現場は本格的ですね

    ユン・テヨン&パク・ソンミン「何を話しているか気になります?」 (innolife.net・2009年4月28日(火曜日) 7時58分入力記事)
    はーい見出し以上にとっても気になる写真です私が池袋駅イーストゲートストリート系の女子なら、間違いなくBLボーイズ・ラヴ同人誌モチーフにしていたかキハに乗り移った大長老の如くパク・ソンミンさんに憑依したいと考えていたはず

    本当は料理の如くホット×2な朝鮮日報|エンタメコリアさんの記事もしたかったのですが、入力日から1週間経過すると有料をお持ちでない方は閲覧できなくなるので耐え難きを耐え、忍び難きを忍び(って…終戦記念日かっ)断念しました

    でも、私にとって今回一番の隠し球・注目スーパーサブはやはり
    [5/2から本国放送開始のドラマ「ストライク・ラブ」情報続々でうれしい悲鳴の日々です]の続きを読む

    関連タグ : 同人誌, モチーフ, システム, キム・ミンジョン, アクシデント, エピソード, ヒロイン, キム・ソンギョン, ネット配信, プロモーション,

    久々の記事です

    ホゲが戻って来た早々「太王軍が手柄を立てるだしに使われた」「陛下が神器のうち3つを手に入れた」「一時も早く戻らないと反乱軍扱いされる」と口々に不安や不満を訴える将軍
    幕僚らしい将軍は太王軍からの使者を切り捨てた時のことを持ち出し、あの時から反乱軍になることを決意していたのかと問い詰めます
    ようやくパソンとタルビを閉じ込めていた馬車を探し当てたチュムチと相棒のマンドゥクでしたが、イルスに見つかってホゲの前に連行されます
    「兵士達の士気を落とす噂を流した」と詰問され「噂ではなくて、事実を広めに来た」と言うと「火天ファチョン会とかいう悪党どもからクンネ城を解放した」とも抗弁
    パソンとタルビを解放する代わりに、情報工作をしていた傭兵団を撤収させること…交換条件を出したホゲでしたが、直後イルスにチュムチ達を追撃するよう命令を出します
    チュムチの機転で被害は最小限で済みましたが、間一髪で皆殺しにされる所でした
    プルドルの自決を目の当たりにしたことで事実上“チュシンの王ではない”ということの決定打を突きつけられた結果、タルビという最後の良心も放棄してしまったのでしょうか

    一方、元々の幕僚達は勿論抵抗勢力に対してもチュシンの王としての認知度が日増しにする一方のタムドクですが、大虐殺の犠牲になった契丹部族の人々の遺体を火葬しようと自ら出向こうとした時に止めようとする“じい”コ将軍と2人きりになると「情報を提供してくれる人やアドバイザーが何人いても、結局最終的に決断するのは自分間違っていないかとか余計な意地を張っていないかといつも思ってしまう信じられないのは自分だ」と苦しい心の内を告白します
    この辺り、撮影がトラブル続きで初めて睡眠薬を使ったというキム・ジョンハク監督に「こっちの方が効きます」と別のを勧めたらしいというペ・ヨンジュンさんご本人とカブって痛々しい感じがしてしまうのは、多分私だけ
    それにしても…このドラマの出演者って、たらこちゃんな男子ナムジャが多いデスネ


  • NORAリップTシャツ

  • ペ・ヨンジュンさんのプルプルはエンタメファンじゃない人達の間でも結構有名ですが、父君ヤン王様(トッコ・ヨンジェさん)もそうでしたし、ヨン・ガリョ叔父さん(パク・サンウォンさん)やヨン・ホゲ(ユン・テヨンさん)も親子役だから合わせたのと思うほどでした
    そういえば、サリャン役のパク・ソンミンさんとチョロ役のイ・フィリップさんもでしたね
    人相占いでは「が厚い=情が濃い」とよく言われますが、俳優さん達のビジュアルでもキャラクターの内面性を表現したかったのかと思ってしまいます

    老婆心ながら「朱雀の心臓」は、キハ(ムン・ソリさん)位ボリュームのある体形じゃないともて余してしまうのではと私は感じます

    【緊急限定入荷】  「太王四神記」紅玉ネックレス

    大長老は面会にやって来た百済の重臣に、百済の王を煽り立てて太王軍が出兵してもぬけの空になったクンネ城を攻めろと命令
    ホゲを王にして高句麗と百済を操るはずだったのではというイタイご指摘に「この百年火天会がどれだけ後押しをしたと思っている」と怒鳴りつけた大長老、いつもの余裕綽々とした態度が別人のようにかなり焦っていますね
    サリャンをキハの元に派遣させると、そばでやってもらうことがあると命令今度は一体何をさせようと
    うなされるキハにお粥を持って来たサリャン顔が傷だらけで痛々しいです
    サリャンの気配を感じ取ると、いつの間にかベッドから起き出していてサリャンの首に刀を突きつけるキハ
    首から出血していても動じる様子も見せないサリャンに「あの化け物はどこへ行った何故残った私が殺せないとでも思っているのかお前も私の両親を殺して私をさらった」と言いかけるキハ(違いますYO-サリャンはチン城襲撃部隊のメンバーで、キハはサビ城城主夫妻の娘だったじゃないと思いました例えサリャンマニアではなかった方でも、絶対にもどかしさMAXなシーンだったハズ)
    「どうぞ復讐して下さい命ならいつでも差し出します(サリャンマニアの方の情報によると、字幕版では“私の命のようなもの”らしいデス…サリャンにとっては、キハが想像しているよりはるかに自分の命よりもキハが大切な存在なんですね)」と断言するサリャンヨン・ガリョが火天会と縁を切り、神殿も安全と言えなくなったことを説明します
    サリャンが残っている理由・大長老が何を命令したかを聞くキハに「火天会がいないクンネ城は危険だから、ホゲ様の元に向かって白虎の神器を探す手伝いをするよう命令されました」とだけ伝えます
    話半分なままに「大長老は長生きし過ぎた人間の心を忘れて久しい私の妹(=スジニ)は、随分出血していたけど無事でいるだろうか」と呟いた後「長い間私を父や兄のように守り続けてくれたけれど、殺そうとしても死ぬこともできなく、底知れぬ妖術を使う大長老奴を裏切って、私につけというのは無理な頼み」と問いかけます
    サリャンの立場や今までの生き方を考えれば、即答はできませんよねサリャンは本来、生粋の火天会幹部青龍略奪作戦中に顔半分焼けただれてしまうような危険な目にあっても火天会のために自分の意志を殺して生きていたはずなのに、一体いつから「火天会や自分の意志<キハ」に変わっていたのでしょう
    もしかしてヨン・ホゲへのハニートラップ作戦実行の時には、既に「他の奴に任せて、万が一のことがあったりする位ならいっそ自分の手で」と考えて自らの危険走行という後々までキハに恨まれるかもしれない役目に名乗りを上げたのでしょうか
    一方、チョロは街の橋の上でじっと沈黙したまま朝から晩までスジニが通りかからないかと待ちぼうけ
    朱雀姉妹と太王軍・そして火天ファチョン会、それぞれ立場は違えどどっちのナイト君も切なさ全開です
    [太王四神記 第20話「それぞれの思惑」は“この子誰の子”]の続きを読む

    関連タグ : 幕僚, 契丹部族, 将軍, 睡眠薬, キム・ジョンハク監督, ペ・ヨンジュン, ユン・テヨン, パク・ソンミン, イ・フィリップ, 神器,