イ・ビョンホンさん情報をメインに(最近は他の人達(爆)にも萌えてます(^^ゞ)韓国エンタメを語るブログです。テイストは韓国料理の如く辛口気味で行くつもりです。
◎ TOPフリーエリア

Honya Club.com


Honya Club.com

■この部分に好きな内容を記入してください

■フリースペースの説明
 ※このフリースペースは、エントリー記事部分以外に表示されます。
 ※広告を掲載したりブログの紹介など、ご自由にどうぞ!
 ※すべてのページに表示させたい場合には、
  <!--not_permanent_area-->~<!--/not_permanent_area--> の部分を削除して下さい。

ストーリー展開の迷走による視聴率の伸び悩み&ハングリー系選手集団の熱血エースピッチャーオ・ヘソン(ユン・テヨンさん)は、記念すべき初主演作品だったにもかかわらず、ケガの連続でついに手術が必要という事態に
本国放送分は、全20話予定が16話に縮んでしまったというドラマ外人球団 ストライク・ラブ OST


Tv Soundtrack/ストライク ラブ

私は“プチうつ”傾向なので、一時は「私が生きている間に見ることができるのでしょうか」とか、いくら“神仏はその人がクリアできるだけの試練しか与えない”とは言っても「もしかして、私がになった人達は、みんな運気がになってしまうのでは」とまで落ち込みました

でも、もう1人の主役にしてオ・ヘソンにとってはの宿命の好敵手ライバル、クールでストイックなキャラクターの天才バッターマ・ドンタク役パク・ソンミンさんのファンの方、通称サリャンマニアのブロガーさんからお裾分けですが朗報をいただきました
[サリャンマニアさんからのお裾分けで、久々の朗報…パク・ソンミンさんが本日東京でファンミを開催した模様]の続きを読む
スポンサーサイト



関連タグ : パク・ソンミン, サリャンマニア, ピッチャー, キャッチャー, バッター,

一時は「メロー路線強化が原因でストーリー展開が中だるみした」という情報も流れて、視聴率が低迷したまま本国での放送分が4話も短縮と聞き
私にとってのドラマ中だるみの峠ラブシーンを無事乗り越えられるか心配したものの上陸分は予定通り20話で放送することが決まり、一安心
を含めた海外輸出分の撮影も、いよいよ終盤にさしかかったという「ストライク・ラブ」


  • Tv Soundtrack/ストライク ラブ

  • 「ストイックなキャラクターの天才バッターマ・ドンタク(パク・ソンミンさん)が、宿命のライバルピッチャーオ・ヘソン(ユン・テヨンさん)へのリベンジに闘志を燃やして地獄特訓をする」というシーンの撮影のために、私の住んでいる地域からはもしかすると“よりも近くて遠い隣県”群馬県の榛名山麓高崎市の後援・協賛でロケに来るそうです

    いつも群馬県に全国区の注目を奪われがちな栃木県人としては、生粋の地元民から見ても今時120㌫あり得ない栃木県北訛りを芸風にしている漫才コンビ・U字工事さんのレッツゴー!栃木 U字工事の熱血お国自慢太王四神記第1話でラブラブモード全開なファヌンとセオを目撃してしまった瞬間のカジンの如く「栃木県風のファイター 完全版 [DVD]に出演している平山あやさんの出身地なのに、どうして栃木県を素通り」と穏やかならぬ心境になってしまいます

    しかし、何はともあれいらっしゃぁ~いオソオセヨ


    大きな地図で見る
  • 榛名山周辺のGooglemap

  • パク・ソンミンさんのロケ地が群馬県に決まった理由、私は去年の春以来ずっと“よく飼い慣らされた自由な鷹”“鶴”“闘鶏サムタク”“がちょう”“カササギ”と色々な鳥さん達にご縁が深かったしどうしてもカチ(=オ・ヘソンの通称韓国語でカササギの意味らしい)にが行ってしまいますので、てっきり「鶴舞う形の群馬県」だからと思い込んでいました
    当ブログの「ストライク・ラブ」記事の方向性は、完全にペ・ヨンジュンさん視点シフトだという太王四神記 公式 撮影日記と同様オ・ヘソン視点に著しく偏向していますあらかじめご了承下さい

    でもやはり、パク・ソンミンさんの公式FC冒頭のプロフィール欄に「趣味・特技/乗馬」と書かれているということは“馬さんつながり”ですかね
    エリート集団のはずのマ・ドンタク達がわざわざまで来るということは、やはり山ごもりや滝行などの精神修養でもなさる設定なのでしょうか

    コリア エンタテインメント ジャーナル 2009年 07月号 [雑誌]
    コリア エンタテインメント ジャーナル 2009年 07月号 [雑誌]

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    外人球団」のメンバー設定紹介と韓ドラお約束スタントなしで演じたという地獄特訓の様子が記事になっています
    私は“じい”コ将軍@太王四神記の役は、オリジナル映画「恐怖の外人球団」で映画界のゴッドファーザー、アン・ソンギ先生が演じたという外人球団の監督さんの役かと思い込んでいましたが“選手としての放物線が下降ラインに入りつつもを養うためにを続けているパパさんピッチャー”の役でした
    太王四神記では高句麗王家代々の悲願チュシンの王完全覚醒のために刀を向け合わなければいけなかった立場のお2人でしたが、今回の“じい”はピッチャーとしての活躍や外人球団のチームメイトとしてだけでなく人生の先達せんだつとしても、オ・ヘソンを支える存在になって下さるのでしょうか

    それにしても、何故にわざわざ今の季節の群馬県でロケ
    [鳥さんつながり?それともやはり馬さんつながり?パク・ソンミン氏、榛名山麓に登場!]の続きを読む

    関連タグ : パク・ソンミン, ユン・テヨン, 群馬県, バッター, サリャンマニア, ピッチャー, 身体感覚, 外人球団, 高崎市, 栃木県,